logo 井岡弘樹

イメージ
講師名 井岡弘樹(イオカヒロキ)
肩書き 元プロボクサー、西日本ボクシング協会会長、初代WBC世界ミニマム級王者、第11代WBA世界ライトフライ級王者
生 年 1969年1月8日
出身地 大阪府
講演ジャンル スポーツ、健康、ダイエット、挫折、復活、チャレンジ、人生、不妊治療
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「私のボクシング人生」 「挑戦への道標」 「己に勝つ」

◎経 歴

1986年1月23日、関西の選手としては異例の後楽園ホールでのデビュー戦を行い、3回KO勝利でデビュー戦を飾り、以降も恩師のエディ・タウンゼント氏の指導の下、連勝街道を走る。 国内最年少の18歳9ヶ月10日でWBC世界ミニマム級王座を獲得した。 1991年12月にはWBA世界ライトフライ級王座も獲得し、史上3人目となる世界2階級制覇を達成。 2002年8月25日、井岡ボクシングジムを設立して会長となる。 2013年2月に行われた西日本ボクシング協会会長選挙で当選を果たし、4月1日より任期3年で西日本ボクシング協会長に就任。 2016年の選挙でも再選し、2期連続で協会長を務める。現在は井岡弘樹ボクシングジムの会長としてプロボクサー育成は勿論、老若男女を問わずボクシングを楽しめるジムを経営。 世界王者だった叔父の姿に影響を受け、甥の井岡一翔もボクシングを始める。 アマチュアで高校6冠などの実績を引っ提げて鳴り物入りでプロに転向。 2011年に当時の国内最速記録となる7戦目で世界王座を獲得(叔父と同じWBC世界ミニマム級王座)。 叔父の井岡弘樹が果たせなかった世界3階級制覇の夢を達成した。 ・第2代日本ミニマム級王者 ・WBC世界ミニマム級王者(国内史上最年少18歳9ヶ月) ・WBA世界ライトフライ級王者(国内史上3人目となる世界2階級制覇) ・戦績:42戦33勝(17KO)8敗1分

◎井岡弘樹の著書

※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)
  • 池上淳子

    管理栄養士

    「美白・シミに効果的な栄養講座」

  • 田崎真也

    ソムリエ

    「家庭の食育・学校の食育」

  • 土井善晴

    料理研究家

    「子供たちの輝かしい未来を作る食事」

  • ヨネスケ

    タレント、落語家

    「晩ごはんから見る日本の食文化」