logo 池田清彦

イメージ
講師名 池田清彦(イケダキヨヒコ)
肩書き 生物学者、早稲田大学名誉教授、山梨大学名誉教授
生 年 昭和22年
出身地 東京都
講演ジャンル 生物学、環境、生き方、教育、子育て、健康
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「寿命はどこまで延ばせるか?」 「がんばらない生き方」 「少しの努力で“できる子”を育てる! 池田清彦の子育て術」 「生命力を高めよう」 「生きがたい世の中をどう生きるか」 「ほんとうの環境問題」

◎経 歴

1947年 東京に生まれる 東京教育大学理学部生物学科卒、東京都立大学大学院理学研究科博士課程生物学専攻単位取得満期退学、理学博士。 山梨大学教育人間科学部教授、早稲田大学国際教養学部教授を経て、現在、山梨大学名誉教授、早稲田大学名誉教授、高尾599ミュージアム名誉館長。 専門の生物学分野のみならず、科学哲学、環境問題、生き方論など、幅広い分野に関する80冊以上の著書を持つ。新聞、雑誌、テレビなどでも活躍している。現在、フジテレビ系「ホンマでっか!?TV」に出演中。 1947年  東京都足立区生まれ 1960年  足立区立梅島第一小学校卒業 1963年  足立区立第四中学校卒業 1966年  東京都立上野高等学校卒業 1971年  東京教育大学理学部生物学科動物学専攻卒業 1977年  東京都立大学大学院理学研究科博士課程 単位取得満期退学 1978年  東京都立大学理学博士 1979年  山梨大学教育学部講師 1981年  山梨大学教育学部助教授 1990年  山梨大学教育学部教授 1998年  山梨大学教育人間科学部教授 2004年  早稲田大学国際教養学部教授 1993〜1994年 オーストラリア博物館客員研究員 2004年〜    山梨大学名誉教授 2015年〜    TAKAO 599 MUSEUM名誉館長 2018年〜    早稲田大学名誉教授 ■専門分野 構造主義生物学・理論生物学、生物多様性・分類、科学哲学、科学社会学・科学技術史

◎池田清彦の著書

「もうすぐいなくなります 絶滅の生物学」(新潮社) 「生物学ものしり帖」(KADOKAWA) 「初歩から学ぶ生物学」(角川ソフィア文庫) 「いい加減くらいが丁度いい」(KADOKAWA) 「ほどほどのすすめ 強すぎ・大きすぎは滅びへの道」(さくら舎) 「ぼくは虫ばかり採っていた 生き物のマイナーな普遍を求めて」(青土社) 「ウソとマコトの自然学 生物多様性を考える」(中央公論新社) 「ナマケモノはなぜ「怠け者」なのか 最新生物学の「ウソ」と「ホント」(新潮文庫) 「正直者ばかりバカを見る」(KADOKAWA) 「進化論の最前線」(集英社インターナショナル) 「真面目に生きると損をする」(KADOKAWA/角川学芸出版)    など著書多数
※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:ファイターに学ぶ

  • 佐藤嘉洋

    キックボクサー

    「自身のファイター人生について語ります」

  • 高田延彦

    元格闘家、高田道場代表

    「人生の壁の乗り越え方」

  • 八重樫東

    プロボクサー

    「我、弱き者ゆえに ~弱者による勝利のマネジメント術~」

  • 大和哲也

    キックボクサー

    「キックボクシング、人生、モチベーション」