logo 沢松奈生子

イメージ
講師名 沢松奈生子(サワマツナオコ)
肩書き 元プロテニスプレーヤー
生 年 1973
出身地 兵庫県
講演ジャンル テニス、モチベーションアップ、教育、子育て
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「ウィンブルドンの風に誘われて~世界への挑戦~」 自身の生い立ちから現役時代のプロテニスツアー転戦での体験談をベースに、「教育・子育て」「国際化・国際交流」「目標達成」など、長い競技経験と海外経験からツアー中の裏話などを交えて楽しくお話しします。ビジネスにもお役に立つ内容です。

◎経 歴

小学生時代を父親の海外転勤に伴いドイツで生活し現地のスポーツクラブで色々なスポーツを体験。帰国後、日本国内のテニスのジュニアタイトルのほとんどを獲得、夙川学院高1年生(15歳6ヶ月)で, 全日本テニス選手権女子シングルスに初出場で優勝。また四大大会の日本人最年少勝利記録など、数々の最年少記録を保持。神戸松蔭女子学院大入学と同時にプロ転向。 1995 年全豪オープンの期間中に阪神・淡路大震災が発生、西宮の自宅は全壊、 その最中、この全豪オープンでベスト8に進出。テニスの四大大会の自己最高成績を達成。家族は奇跡的に全員無事だったが、発生から数日間、被災地とは全く連絡がつかず、関東在住の叔母・吉田和子(旧姓沢松、現日本テニス協会副会長)の叱咤激励を受けての戦いだった。 プロのキャリアを通して、10 年間にわたり世界ランキングトップ30 位台以内を維持、四大大会では34 大会本戦出場。フェドカップ日本代表。アジア大会日本代表。1992 年バルセロナ、1996 年アトランタの2 度、オリンピック日本代表選手。 WTA 女子プロテニスツアーではシングルス優勝4 回を挙げた。 シングルス自己世界最高ランキングは14 位。 現在、テニス解説者・スポーツコメンテーター。元神戸松蔭女子学院大講師。 テレビでは、TBS 系の朝のニュース番組「あさチャン」、MBS の人気番組「ちちんぷいぷい」にレギュラー出演のほか番組出演多数。東レパンパシフィック・オープンテニスでは大会アンバサダー、またワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会の評議員を務める。 ■ 家系  祖父は伊予大洲藩士、明治に入り松山市に住み、高祖母は日本に入ったばかりの 野球に通じて正岡子規と交流があった。曽祖父の代から関西に移り住み、大阪で貿易会社を起業。海外顧客の接遇のために自宅にテニスコートを設け「テニスの澤松家」の祖となる。母・順子と叔母(ともに樟蔭女子学院大卒)を育てた名コーチの祖父・豊は、長くテニスの発展に寄与した功績により瑞宝双光章叙勲。叔母・和子はアン・キヨムラとのペアで1975年ウインブルドン女子複、日本人初の四大大会優勝、母も和子とのペアで1970年同大会女子複ベスト8、父・忠幸(立教大卒)もウインブルドンの土を踏んでいる。 ■ 戦績 全日本選手権 単優勝(1988年) フェドカップ 1988、90、91、93 98年出場/シングルス8勝12敗、ダブルス0勝0敗 4大大会シングルス本戦 全豪(1991、93 98年/最高ベスト8) 全仏(1990 98年/最高4回戦) ウィンブルドン(1990 98年/最高4回戦) 全米(1990 98年/最高3回戦) オリンピック2度出場(1992年バルセロナ五輪・1996年アトランタ五輪) <全日本ランキング> 90年1位/91年1位/92 95年2位/96年3位/97年2位/98年2位

◎沢松奈生子の著書

※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:人生100年の健康づくりの講演

  • 石川顕

    フリーアナウンサー、スポーツ評論家

    「一流スポーツ選手の健康管理法」

  • 桂文喬

    落語家、教育評論家、上方落語協会理事、繁昌亭運営委員、3R推進マイスター(環境省より委託)、大阪府立大学創基130年広報大使

    「笑いと健康、楽しい老後」

  • 昇幹夫

    医師、日本笑い学会副会長、元気で長生き研究所所長

    「元気で長生きPPKのコツ」

  • 清水一郎

    おひさまクリニックセンター北院長

    「いつまでも美しく健康でいるための生活習慣」