logo 藤永悟志

イメージ
講師名 藤永悟志(フジナガサトシ)
肩書き 経営コンサルタント、株式会社ストーリア 代表取締役、       1級ファイナンシャルプランニング技能士
生 年 昭和41年
出身地 大阪府
講演ジャンル 経営、事業承継
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「戦国武将たちに学ぶ事業承継~成功と失敗の分岐点とは~」 【概要】 オーナーから次世代への経営権の委譲、すなわち事業承継が円滑に進んでいるケースは非常に少ない。よって、いかに事業承継を円滑にかつ、計画的に行っていくか?これが全ての経営者にとっての課題となる。 そこで、経営者と相通じる部分がある戦国武将たちを題材とし、名だたる武将たち6人に焦点をあて事業承継を取り上げる。 そして、失敗事例は「なぜ失敗したのか?」を検証しながら反面教師とし、逆に、成功事例は「なぜ成功できたのか?」(戦国時代から幕末・維新まで存続)を検証して、現代の承継へのヒントとする。 最後に、これらの事例を現代に置き換え、実際の事業承継を成功へと導いていくために「何をどうすべきか?」を解説していきます。 「戦国武将たちに学ぶ弱者の経営戦略~時代は成長よりも生き残りへ~」 【概要】 名だたる戦国武将たちの領国経営を題材として、彼らの生き様や考え方を検証し、現代の企業経営において欠かすことのできないポイントに触れています。 特に弱者たる中小・零細企業が生き残っていくために必要な戦略の考え方や、人材活用・組織構築、次世代への承継やぶれない軸の重要性などを中心として、現代企業の事例も織り込みながら解説をしています。戦国という明日をも知れぬ時代を一つのストーリーとして、楽しく聞きながら学べる90分です。 「果たして、あなたの会社は生き残れるか?~戦国の名将たちにそのヒントを学ぶ~」 【概要】 歴史的な超円高、大手企業の海外流出、迫りくる「人口減少社会」において、マーケットの喪失や縮小が余儀なくされていく日本。経済危機が叫ばれる中、弱肉強食という厳しい戦国の世を生き抜いた名将たちから、生き方や考え方を学び、現代における企業経営を見直す必要があるのではないでしょうか?  例えば、常に新しい価値を生み続け、弱者から強者に変貌した織田信長。甲斐という生産性の低い国を繁栄させるため他国を切り取るなど、徹底的に攻めの経営を貫いた武田信玄。知恵を出し、他を寄せ付けない奇抜なアイデアを連発して百姓から天下人へのし上がった豊臣秀吉など、これら名将たちの領国経営を現代の企業経営に置き換え、弱者と言われる中小企業が生き残っていくための戦略の考え方や、企業を永続させていくために必要なことを学ぶのも問題解決の糸口にもなりうるものです。歴史の話のみならず、現代企業の成功事例や、グローバル経済も視野に入れた内容で、企業戦略の再構築が求められている中小企業経営者の方々には楽しく学べる90分の講演です。

◎経 歴

1966年3月大阪生まれ 金融機関・会計事務所・不動産会社を経て、8年間コンサルティング会社に勤務。 2006年7月経営コンサルティング会社である株式会社ストーリアを設立し、代表取締役に就任。中小企業経営者が頭を悩ます「企業経営」「相続」「事業承継」という三位一体のコンサルティングを行う経営コンサルタント。弱者である中小企業が生き残っていくための経営戦略の策定や人材活用、次世代への承継など、経営全般に関するサポートをしている。 実際のコンサルティングでは、長年現場において多くの企業経営に関する失敗事例を目の当たりにしていることから、なぜ失敗したのか?を検証しながら、成功への道筋を立てる考え方をベースにしたコンサルティングを行っている。また、金融機関や商工会議所などでの講演活動や、書籍の執筆活動も行っている。講演では、多くの経営者の方々が興味をもつ戦国時代など、歴史を題材とした内容で現代に置き換えたものが中心となっている。

◎藤永悟志の著書

『成功する相続の秘訣』(文芸社) 『戦国武将に学んだ社長が成功する』(文芸社) DVD『歴史上、成功した経営承継』(レガシィ) 社長さん必読!戦国武将たちに学ぶ弱者の経営戦略』(ボイジャー)
※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:ライフスタイルの講演

  • 秋野暢子

    女優

    「生き生きと素直に生きる」

  • 今蔵ゆかり

    オフィスY’s room代表

    「職場の意識と行動が変わる!「整理力」と「伝わる力」を磨くコツ」

  • 中谷彰宏

    作家

    「アイデアがわき出る3つの方法」

  • 三屋裕子

    スポーツプロデューサー

    「生涯学習のあり方」