logo AlexM.林

イメージ
講師名 AlexM.林(アレックスエムハヤシ)
肩書き 常磐会学園大学教授、同志社大学兼任講師、英国チィチェスター大学大学院客員教授
生 年
出身地
講演ジャンル 教養、英会話、コミュニケーション、ビジネス
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「旅先でとっさに使えるクールな英会話」 「外国人に観光地を紹介する」 「映画のシーンから生きた英会話を学ぶ」 「海外で使える最新のコミュニケーション cool English」 「ビートルズの名曲の歌詞の意味~一緒に歌ってみよう~♪」 「ビジネスマンの英会話」

◎経 歴

バイリンガルの才能を生かし、大学の授業、講演、コメンテーターまで英語と日本語で楽しく語ります。 CMナレーション、大学テキストの吹き込みナレーターでも幅広く活躍。その美声は、いまだ伝説のエアー・ナビゲーターとして知られている。 講演では日米文化比較から、政治、経済、教育問題解決へのコメントまで。 英国リーズ大学講師、ニュージーランドの大学助教授を務めた後、現在は常磐会学園大学で教授、同志社大学にて兼任講師。英国チィチェスター大学大学院客員教授。TOEIC(R)指導、研究委員。STEP英検指導委員。E.S.S. 弁論大会審査委員長。チャーチル杯(全国高校生英語弁論大会)審査委員長。東京大学杯・全日本英語スピーチコンテスト(審査員)。 25年間、カルチャースクール、英会話スクール、大学受験予備校を経営。TOEICスコアー950点以上の生徒を多数輩出させる。 その後、大学教員に転身。キッズイングリッシュからビジネス英語まで幅広く英語を教え、学生からの授業評価が関西No.1の熱血大学教師となる。 子供のころから数々の子役をステージで演じた経験から、かつて米国のオーディションに合格後、ハリウッドの舞台に立ったこともあり、その最高に楽しいキャラクターが買われ、ラジオのナレーターやDJを担当する。空手道、5段位、師範の肩書もある。 2013~現在 東京大学杯・全日本英語スピーチコンテスト(審査員) 2015~現在 FM Osaka DJ パーソナリティー(Stylish Jazz)  2008日本テレビTV(エンタの神様 陣内智則の英語ナレ) 2008 SHARP(株)CM 2008 KAWASAKI PLANT SYSTEM(株)企業CM 1995~1999 某FM Station 音楽DJ 1994~1999有線放送 キッズイングリッシュ(英語ナレ) 1993 SKY PERFECT TV(Osaka Trendy Shops) CMなど 2003~2005 Let’s Cross Culture! (朝日新聞 英字新聞 Asahi Weekly) コラム執筆 2007 Let’s Cross Culture!(朝日カルチャー出版)執筆・CD英語ナレーション 2009 NHK WORLD 「熱中時間」翻訳・ナレーション 2009 (株)任天堂 ゲーム「Wii」ナレーション 2011 PACIFIC RESOURCE EXCHANGE CENTER PREX 翻訳・ナレーション

◎AlexM.林の著書

2010 Let’s Cross Culture! 朝日カルチャー出版 2010シャドーイングで耳から鍛える「仕事で使う英会話」コスモピア(株) 2011 英検DVD(1級・準1級 2次面接対策) 旺文社(株)To Learn How to Teach English (Kwansei Gakuin University Press) 2016 To Learn How to Teach English(Kwansei Gakuin University Press)
※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:夢・挑戦の講演

  • 山﨑武司

    元中日・楽天プロ野球選手

    「挫折を乗り越えて」

  • 辻井いつ子

    ピアニスト辻井伸行氏の母

    「明るく、楽しく、そしてあきらめない生き方」

  • 坪田信貴

    坪田塾 塾長

    「目標の立て方、計画のつくり方、達成の仕方」

  • 小池絵未

    日本人初米国3大チアリーダー

    「夢への挑戦~NFL、NBA、NHL日本人初の3大スポーツチアリーダーとして~」