logo 都築幹彦

イメージ
講師名 都築幹彦(ツヅキミキヒコ)
肩書き ヤマト運輸株式会社 元・代表取締役社長
生 年 昭和4年
出身地 東京都
講演ジャンル 経営、営業
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

【 講演テーマ 】 「経営環境の変化にどう対応するか」 「お客(市民)の立場に立って考えよう」 「常に問題意識を持って発想の転換を」 「どん底から始まった改革」 「不況時のいま、経営者の役割は何か」 「信頼こそ商品である」 「新規事業、成功と失敗の要因」 「危機と成長」 「不況の時こそ、チャンス」 「潰れる会社、生き残っていく会社」 「革新のための規制との戦い」 「常識ほど当てにならないものはない」 「新しい需要創造とビジネスチャンス」 「発想の転換で組織を変える」 *副題として(~宅急便で学んだこと~)(~クロネコヤマトの実践から~) 【最近の講演内容の柱】  ◇社会環境の変化に対して対応していない会社が意外にも多い  ◇発想の転換は「常識」を取り除くことから始まる  ◇企業側の理論ではなく、顧客の理論を優先する  ◇顧客や従業員から信頼されていない企業は潰れる  ◇会社の成長は、第一線の社員が生き甲斐、働き甲斐、感動を持って仕事ができているかどうかにかかっている 。

◎経 歴

昭和25年にヤマト運輸株式会社入社。運輸畑一筋を歩み、支店長等を経て昭和48年に取締役就任。以後、常務取締役、常務取締役関東支社長、常務取締役開発本部長、常務取締役営業本部長、代表取締役専務取締役を歴任。昭和62年に三代目の社長に就任。平成3年に代表取締役会長となり、その後も取締役相談役を務め平成7年に退任。その間には東京路線トラック協会会長などを歴任。退任後は平成20年度までヤマト運輸社友会会長を務めた。 二代目・小倉社長の右腕として常務時代の昭和51年に、反対する労働組合を説得し、当時の業界常識を破った国内初の「クロネコヤマトの宅急便」を開始した。厚い壁であった許認可問題等で、当時の運輸省・郵政省・警察庁と折衝しながら規制と戦い、15年掛けて遂に47都道府県の免許を取得することによって全国翌日配達のネットワークシステムの基を作り上げた。宅急便の取り扱い数量はゼロから始まったが、国営の郵便小包より信頼される宅急便を目指した結果、平成22年度には12億個を超え、ゆうパック・ペリカン便を大きく引き離して業界トップの位置を占めている。常にお客様の立場に立ったサービスを考え続け、ゴルフ宅急便・スキー宅急便・クール宅急便・コレクトサービスなど時代のニーズに合った企画を次々に投入した。平成2年に大ヒットしたアニメ映画「魔女の宅急便」の製作も手掛けた。趣味はマジックで、東京アマチュア・マジッシャンズクラブの第17代会長。また、往年の大喜劇役者であるエノケンこと榎本健一の甥にあたる。これからの経営のあり方について、豊かな経営実践に基づき失敗談を含めながらのユーモア溢れる講演を行っている。

◎都築幹彦の著書

※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:食べて綺麗に

  • 松本和恵

    健康、ファスティングカウンセラー、食品アドバイザー

    「体の中から若返る」サビない、コゲないために。キレイな腸が美肌を作る。腸活

  • 佐藤達夫

    食生活ジャーナリストの会代表幹事

    「野菜を食べて健康になろう!」

  • 飯野耀子

    美容食スペシャリスト

    【内から8割、外から2割、10割美容のススメ】

  • 王理恵

    野菜ソムリエ/雑穀エキスパート

    「大人の食育講座 ―健康の秘密は野菜と果物―」