logo 藤野真紀子

イメージ
講師名 藤野真紀子(フジノマキコ)
肩書き 料理研究家
生 年 昭和24年
出身地 東京都
講演ジャンル 料理
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「家族の顔の見える食卓」-“美味しい”が生きる力に

◎経 歴

1972年 聖心女子大学 文学部 卒業 フランス史専攻 1973年 藤野きみたかと結婚 1979年 夫の赴任先のニューヨークヘ。  『コルドン・ローズベーキングスクール』にてアメリカンベーキングを学ぶ先生であるローズ・のお菓子は  いわゆるアメリカ菓子と違い、ソフィスティケートされた繊細なものであった。 1982年 帰国 1983年 田園調布『デポー39』のパイハウスにてシチュー料理とアメリカンタイプのお菓子の製作担当。 1985年 「ELLE JAPON」等の雑誌にて料理・お菓子のページを手掛け始める。 1987年 夫の赴任先のパリへ。  ホテル・リッツの中にある料理学校「エコール・リッツ・エスコフィエ」でお菓子とお料理を学び、  ディプロマを取得。 マダム・ヴォージェルのフランス家庭料理を学びル・コルドン・ブルー、ラ・ヴァレンヌ  等のデモンストレーションに度々参加しながら、洋菓子専門店「ATTENTION」にパリ便りを連載。 1990年 ジャマン(ジョエル・ロビュション)での1週間のスタージュを最後に帰国。 1991年 初めての著書「パリに行って習ったお菓子」を発表 1992年 お菓子と料理の教室「マキコフーズ・ステュディオ」を主宰  ティールーム「ラディアント」委託経営・コーディネート(-1994年)  日本乳製品協会主催・農林水産省後援の「バターと生クリームを使ったプロによるパン洋菓子コンクール」  審査員 2000年 厚生省「女性のライフスタイルの変化などに対応した年金の在り方に関する検討会」委員会就任 2001年 フランス政府観光局・エールフランス共催「2001年度フランスの旅委員会」親善大使就任 2002年 フランス政府観光局・エールフランス共催「フランスの旅委員会」名誉委員就任  「ウェッジウッド・アワード2001」審査員/「THE WORLD MASTER OF CULINARY ARTS 2001」  日本代表審査委員長代理           2007年 4月日本調味料マイスター協会会長就任(2009年11月現在の生徒数 約550名) 2005 - 2009年 衆議院議員

◎藤野真紀子の著書

「パリに行って、習ったお菓子」(ニューサイエンス社) 「アメリカンカントリーケーキに恋をして」(鎌倉書房) 「イギリスで夢のようなティータイム」(鎌倉書房) 「きょうの3時はイタリアのお菓子」(学習研究社) 「藤野真紀子のお菓子教室」(学習研究社) 「私のお菓子 スペシャリテ」(学研) 「私のカントリーケーキ」(学習研究社) 「まず、ひと皿でごはん おいしいごはんは、小さなしあわせ」(学研) 「週末の、しあわせごはん 家族と、友だちと囲みたい」(学研) 「藤野真紀子のシンプルお菓子教室」(学習研究社)   など著書多数
※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:食べて綺麗に

  • 松本和恵

    健康、ファスティングカウンセラー、食品アドバイザー

    「体の中から若返る」サビない、コゲないために。キレイな腸が美肌を作る。腸活

  • 佐藤達夫

    食生活ジャーナリストの会代表幹事

    「野菜を食べて健康になろう!」

  • 飯野耀子

    美容食スペシャリスト

    【内から8割、外から2割、10割美容のススメ】

  • 王理恵

    野菜ソムリエ/雑穀エキスパート

    「大人の食育講座 ―健康の秘密は野菜と果物―」