logo 土井善晴

イメージ
講師名 土井善晴(ドイヨシハル)
肩書き 料理研究家
生 年 昭和32年
出身地 大阪府
講演ジャンル 食、料理、食育
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「子供たちの輝かしい未来を作る食事」 「食育・家族で楽しい食事」 「日本のたべもの ほんとうの美味しさ」

◎経 歴

1957年生まれ大阪市出身 スイス、フランスでフランス料理を大阪の「味吉兆」で日本料理を 修業後土井勝料理学校勤務 1992年「おいしいもの研究所」設立。 TV番組や公演の出演、各分野で家庭料理や調理の指導に尽力。 レストランや日本料理店のプロデュースなど多彩な活動を行なっている。 各料理雑誌で家庭料理を指導。「しっかりした考えをもってお料理をしてもらえるよう、分かりやすく 基本の調理を指導するように心掛けています。」 日本の伝統食材を求めて掘り起こし、調理指導に尽力。 レストランや日本料理店のレストランシステム、商品開発、人材育成なども手掛ける。「理にかなった新料理、味の開発の達人」 早稲田大学文化構想学部  授業 2007年 早稲田大学エクステンションセンター講義「おいしさ概論」授業1998年 -

◎土井善晴の著書

「おかずのクッキング」(TV朝日出版:隔月発行(1989 - 継続中)) 「四季の魚料理」(角川春樹事務所) 「日本の家庭料理独習書」(高橋書店) 「新米ミセスの夜・ご・は・ん Frypan & saucepan」(集英社) 「土井善晴の野菜党宣言」(世界文化社) 「ねこくんこんやはなにたべる?ぎょうざをつくろう」(リーブル) 「土井家の「一生もん」2品献立」(講談社) 「土井善晴の男の料理教室 食べて元気!ほらねABC朝日放送」(学研) 「裸のレストラン」(テレビ朝日) 「土井善晴のDVD料理教室 土井流極意満載 家庭の和食」(講談社) 「春夏秋冬ほしかったのはこんな味 土井家のおいしいもん」(講談社) 「お箸で食べる洋食」(講談社) 「祝いの料理」(テレビ朝日) 「お料理入門 マンガ版」(講談社) 「日本のお米、日本のご飯」(講談社) 「土井善晴の定番料理はこの一冊」(光文社) 「土井善晴の魚料理さばいて、おいしく」(NHK出版) 「ふだんの料理がおいしくなる理由」(講談社) 「土井善晴さんちの名もないおかず手帳」(講談社) 「ごちそうのかたち」(テレビ朝日)   その他多数
※ランクB(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:夢・挑戦の講演

  • 井岡弘樹

    元プロボクサー

    「挑戦への道標」

  • 今浪隆博

    元プロ野球選手

    「勝負強い打撃でプロ野球の舞台で活躍。チャンスを生かせる心構えとは」

  • 東国原英夫

    前衆議院議員

    「必ず夢は実現できる!ボクは20歳だった。」

  • 百田尚樹

    小説作家

    「日本人の誇り」