logo 有森裕子

イメージ
講師名 有森裕子(アリモリユウコ)
肩書き 元マラソン選手、女子マラソン五輪メダリスト
生 年 1966年
出身地 岡山県
講演ジャンル マラソン、夢、挑戦、モチベーション、人生
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「よろこびを力に・・・」 自分が自分で決めたことや、夢を叶えたいという強い思いが心にあれば、そのためにひとはいくらでも頑張れます。チャンスはみんな平等に与えられていて必死に努力して手を伸ばしていれば、きっと夢を掴むことが出来るのです。 「いつか叶う」「いいことないかな」としか思ってなければ、せっかくのチャンスも気付かずに通り過ぎてしまう。しっかりとアンテナを張り、前に進み続け、そして、喜びを力にして夢を掴む方法を伝授します。 「思い続ければ夢はかなう」 両足股関節脱臼で生まれ、生まれつき足にハンデを抱えていた有森。 そんな有森がなぜ陸上競技をはじめ。オリンピックを目指し、メダルを獲得するまで成長することが出来たのか?その理由は「思い続けること」でした。 全ての行動は「思い」から始まることを知る有森裕子が、その大切さをお話します。

◎経 歴

1966年岡山県生まれ。就実高校、日本体育大学を卒業して、(株)リクルート入社。 バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。 2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』で プロマラソンランナーを引退。 1998年NPO「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表就任。 2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」設立、代表理事就任。2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」(現 株式会社RIGHTS. )設立、取締役就任。スペシャルオリンピックス日本理事長、日本プロサッカーリーグ理事。他、国際陸連(IAAF)女性委員会委員、日本陸上競技連盟理事、国連人口基金親善大使、笹川スポーツ財団評議員、社会貢献支援財団評議員等を歴任。 2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞。同12月、カンボジア王国ノロドム・シハモニ国王陛下より、ロイヤル・モニサラポン勲章大十字を受章。 「一所懸命は必ず勝ちます」と、希望を持ってがんばっていくことを小学生・中学生をはじめとする子どもたちに訴えつづけている。 地雷で被害を受けたカンボジアの子供達に「義手や義足をつけ、走ることで、夢を持つきっかけになれば」とふれあい・支援の為のNPOを設立。 有森裕子の信条は、「世の中にたった一人しかいない自分の生き方にこだわること」「二度とやってこない一瞬一瞬を精一杯生きること」。 【 受賞歴 】 (国内) 1992年 朝日スポーツ賞(朝日新聞社) 1993年 第5回日本フェアプレー賞(公益社団法人日本ユネスコ協会連盟) 1995年・1996年 毎日スポーツ人賞 ファン賞 1996年 菊池寛賞 (日本文学振興会) 1996年 ベスト・ドレッサー賞(社団法人日本メンズファッション協会) 1996年 流行語大賞(自由国民社) 1997年 中日日体育賞(中日新聞社) 2010年 津田梅子賞(津田塾大学) 2015年 日本陸連アスレティック・アワード2015 特別賞(日本陸上競技連盟) (海外) 2010年 国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞 2010年 ロイヤル・モニサラポン勲章大十字を受章 2015年 モニサラポン・マハーセレイワット勲章

◎有森裕子の著書

「やめたくなったら、こう考える」(PHP研究所刊) 「有森裕子のマラソンブック フルマラソンで4時間を切る!」(マガジンハウス) 「スマイル・ランニング フォー・レディース」(保健同人社刊) 「わたし革命」(岩波書店) 「アニモ」(メディアファクトリー) 「有森裕子と読む人口問題ガイドブック」(国際開発ジャーナル社)
※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:リーダーシップ、組織作りの講演

  • 佐藤満

    株式会社 佐藤満 国際経営農業研究所 代表取締役社長

    「真のリーダーシップが全てを変える」

  • 藤原和博

    教育改革実践家

    「チームビルディングの勘所~コミュニケーション技術をいかに高めるか」

  • 三屋裕子

    スポーツプロデューサー、元全日本バレーボール選手

    「人を活かすリーダーシップのヒント」

  • 宇津木妙子

    元女子ソフトボール日本代表監督

    「トップアスリートに学ぶ勝者の思考法~メンタルタフネスを身につけよう~」