logo 養老孟司

イメージ
講師名 養老孟司(ヨウロウタケシ)
肩書き 解剖学者、東京大学名誉教授
生 年 昭和12年
出身地 神奈川県
講演ジャンル 解剖学
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「『養老先生おおいに語る』 - 脳から見る生きがいと健康 - 」 「バカの壁」 「老いては脳にしたがえ」 ※ ご希望のテーマに合わせます。

◎経 歴

1937年 神奈川県鎌倉市生まれ 1962年 東京大学医学部卒業。一年のインターンを経て、解剖学教室に入る。以降解剖学を専攻。 1967年 医学博士号取得 1981年 東京大学医学部教授就任(~95年)。 東京大学総合資料館長、東京大学出版会理事長を兼任。 1996年 北里大学教授に就任(~2003年) 1998年 東京大学名誉教授 1989年 『からだの見方』でサントリー学芸賞を受賞 2003年 『バカの壁』で毎日出版文化賞を受賞 2006年 「京都国際マンガミュージアム」館長に就任 ■活動歴 長年の解剖研究の結果から、身体および脳を中心として、社会、文化の問題を考える“唯脳論”を提唱し、理科と文科の学問の統合をめざしている。『バカの壁』は、400万部を超える大ヒットを記録。2006年には、和歌山県の「森林による二酸化炭素(CO2)吸収量認証制度」の認証・評価委員に就任、本来の虫好きもこうじて、以前から取り組んでいる環境問題にも力を注ぐ。

◎養老孟司の著書

「バカの壁」(新潮社) 「養老孟司の<逆さメガネ>」(PHP新書) 「まともな人」(中央公論新社) 「いちばん大事なこと 養老教授の環境論」(集英社) 「運のつき 死からはじめる逆向き人生論」(マガジンハウス) 「死の壁」(新潮社) 「真っ赤なウソ」(大正大学出版会) 「かけがえのないもの」(新潮社) 「バカなおとなにならない脳」(イースト・プレス) 「私の脳はなぜ虫が好きか?」(日経BP出版センター) 「こまった人」(中央公論新社) 「無思想の発見」(筑摩書房) 「超バカの壁」(新潮社) 「養老孟司のデジタル昆虫図鑑」(日経BP社) 「小説を読みながら考えた」(双葉社) 「ぼちぼち結論」(中央公論新社) 「養老訓」(新潮社) 「読まない力」(PHP研究所) 「養老孟司の旅する脳」(小学館) 「養老孟司の大言論Ⅰ」(新潮社) 「養老孟司の大言論Ⅱ」(新潮社) 「養老孟司の大言論Ⅲ」(新潮社) 「庭は手入れをするもんだ 養老孟司の幸福論」(中央公論新社) 「養老孟司特別講義 手入れという思想」(新潮社) 「日本のリアル 農業、漁業、林業、そして食卓を語り合う」(PHP研究所) 「バカの壁のそのまた向こう」(かまくら春秋社) 「身体巡礼 ドイツ・オーストリア・チェコ編」(新潮社)   など
※ランクB(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:自然・環境の講演

  • 天達武史

    気象予報士

    ちょっと変かな?最近の天気

  • 木場弘子

    キャスター、千葉大学客員教授

    身近に感じるエネルギー・環境問題

  • 小菅正夫

    元旭山動物園園長

    自然破壊と動物たち

  • 岡山瑞穂

    樹木医

    樹木と自然環境

エンターテイメントショー・イベント企画