logo セルジオ越後

イメージ
講師名 セルジオ越後(セルジオエチゴ)
肩書き サッカー解説者、HC栃木日光アイスバックスシニアディレクター
生 年 昭和20年
出身地 その他ブラジル・サンパウロ
講演ジャンル サッカー、人材育成、子育て、マネジメント
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

【 講演テーマ 】 「サッカーに見る人材育成とチームマネジメント」 「私の体験的営業観~スポーツを通じた友人・人脈作り~」 「サッカーを通してみた日本のスポーツ文化」 「生涯学習としてのスポーツ」 「地域のスポーツと力」 「セルジオ流子育つ論」

◎経 歴

18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。 非凡な個人技と俊足を生かした右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。 1972年来日。藤和(とうわ)不動産サッカー部(現:湘南ベルマーレ)でゲームメーカーとして貢献。 魔術師のようなテクニックと戦術眼で日本のサッカーファンを魅了した。 エラシコというフェイントの創始者と言われる。  来日当時から少年サッカーの指導にも熱心で、1978年より(財)日本サッカー協会公認「さわやかサッカー教室」(現:アクエリアスサッカークリニック)の認定指導員として全国各地で青少年の指導にあたる。 ユニークな指導法とユーモア溢れる話術で、現在までに1000回以上の教室で延べ60万人以上の人々に サッカーの魅力を伝えてきた。辛辣な内容のユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。 2006年に文部科学省生涯スポーツ功労者として表彰される。 2013年「日本におけるサッカーの普及」を評価され外務大臣表彰受賞。

◎セルジオ越後の著書

「セルジオ越後録 サッカー日本代表2010W杯へ」(講談社) 「日本サッカーと『世界基準』」(祥伝社新書) 「日本サッカー黙示録―ジーコジャパンへの緊急通告」(廣済堂出版) 「激心―日の丸を背負った男たちへ」(廣済堂出版) 「セルジオ越後の子育つ論」(PHP文庫) 「ジーコジャパン・ザ・ビギニング」(講談社) 「日本サッカー黙示録・日本代表篇2000‐2002」(河出書房新社) 「監督の条件 検証対談・セルジオ越後×金子達仁」(日刊スポーツ新聞社) 「日本サッカー勝つための準備」(講談社)   など著書多数
※ランクB(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:人権の講演

  • ダニエル・カール

    タレント

    人と人との繋がり

  • 佐野有美

    詩人、随筆家、歌手

    私が『障害について』を語るなら~差別・偏見のない社会にむけて~

  • 吉村和真

    京都精華大学 マンガ学部 学部長 教授

    差別と向き合うマンガたち~メガネ男子や大食漢がヒーローになれないのは、なぜ?~

  • さくらいりょうこ

    フルート・オカリナ奏者

    難病を乗り越えて~生きると決めた日、運命が変わりはじめる~

エンターテイメントショー・イベント企画