logo 大畑大介

イメージ
講師名 大畑大介(オオハタダイスケ)
肩書き 元ラグビー日本代表、神戸製鋼コベルコスティーラーズアンバサダー、追手門学院大学 客員教授、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会アスリート委員会委員
生 年 昭和50年
出身地 大阪府
講演ジャンル ラグビー、人生、夢、挑戦、マネジメント、モチベーション、団結力、組織論
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

【 講演テーマ 】 『為せば成る!』 (誰にでもできるセルフマネジメント、自己実現法) 【内容】 一見、生まれながらの心身とも強靭な人間だと思われ、幼少期からラグビー界の王道を常に歩んできてると思われがちであるが、実は幼少期は泣き虫、高校入学時はラグビー部では無名で序列が一番下であった大畑大介。そんなどこにでもいる普通の少年だった大畑大介を、「ラグビー日本代表キャプテン」、「国際試合トライ数世界記録樹立」、「二度のアキレス腱断裂からの復帰」等の偉業を成し遂げる「ヒーロー大畑大介」に変身させた魔法の言葉『為せば為る!』。 大畑は自身の体験を通じて、「為せば成る!」とは、「一瞬一瞬に全力を注ぎ、積み重ねた先にあるのは“夢ではない”、未来には自分の努力でつかみ取った“現実”があるだけである」という意味であると常に語ります。 彼の講演から、「夢」を「現実」に変えるヒントが学べると思います。 『ラグビーは社会の縮図だ』 (信頼と個性の尊重でつなぐ組織論、団結力) 【内容】 ラグビーには、体の小さい選手、体の大きい選手、足の早い選手、力の強い選手等、それぞれの個性を生かせるポジションがあり、またそれぞれの立場を理解、尊重しながら、自分の仕事をまっとうするスポーツです。野球のように4番でエースがいれば、成り立つスポーツではないです。 加えて、ラグビーはボールを前にパスしてはいけなく後ろにボールをパスしながらゴールを目指すスポーツです。だからこそボールを託す選手は「自分が犠牲になってもこいつがボールを活かしてくれると心から信頼できる人間だからこそパスをし」、またボールを託される選手は「このボールに託された重みを感じてプレーする」、ラグビーはそんなスポーツです。「個性を尊重」と「信頼」を大切にするスポーツであるラグビーは、まさに「私たちが生きている社会の縮図」です。 人間が社会や組織で生きることの意義を講演を通じてお話します。 『迷ったらしんどい道を進め!』 (目標達成方法、目標達成するための本当の近道とは?) 【内容】 人生の岐路や目標達成までのプロセスにおける大畑大介のポリシー、それは、「AとBという選択肢があるならば、敢えてしんどい方を選ぶ、そうすることで得られるものは大きい」である。 一見、目標達成までの道のりに、遠回りで険しい道を選ぶことは、無駄なことが多いと思われるが、その長く険しい道を通じて得られる経験は大きい。その貴重な経験こそが大きな武器となり目標達成へと導く。 「進学先に京都産業大学、神戸製鋼を選んだ理由」、「海外への挑戦」、「なぜ二度のアキレス腱断裂から復帰したのか?」等のラグビー人生での岐路に立たされた時のエピソードを交えながら、「常にしんどい方を選ぶ大切さ」と、「その選択によって得られた貴重な経験」を講演を通じて語ります。

◎経 歴

小学校3年生からラグビーを始め、東海大仰星高校時代には高校日本代表に選出される。 京都産業大学へ進み日本代表として活躍、1998年に神戸製鋼入社し、日本のトライゲッター、エースとして活躍し、世界にその決定力を印象づけた。 2001年には世界への飛翔を見据えて、オーストラリアのノーザンサバーブ・クラブでプレーし、2003年にはフランス・モンフェランに入団を果たす。 2003~2004年シーズンからはラグビートップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズにプロ選手として契約を交わす。その後日本代表キャプテンを務めるなどラグビー日本代表の牽引者として、W杯に2度(1999年、2003年)の出場を果たす。 さらには2度のアキレス腱断裂を経験するも「為せば成る!」の不屈の精神は健在で、代表試合トライ数世界新記録を樹立、その記録を69トライまで伸ばす。 その卓越した運動能力はラグビーに留まらず、スポーツ界全体でも高い評価を受けおり、TBSテレビ系「スポーツマンNO1決定戦」では、他のスポーツ競技の有名選手と競い2度の優勝を成し遂げている。  2010年~2011年のシーズンをもって現役を引退。現在はラグビーの普及やラグビーを通じた人材育成、またラグビー協会と共に2019年に日本で開催されるW杯ラグビーを成功させるべく、メディア、講演等で精力的に活動中である。  加えて、2012年より追手門学院大学の客員教授に就任しスポーツを通じた人材育成や街づくりに関する活動にかかわりながら、特に、「女子ラグビー界の秋元康」(自称)として同大学の女子ラグビー部のプロデューサーとして女子ラグビー選手を五輪に輩出すべく活動している。  ちなみに、米国のメジャーリーグで活躍中の上原浩治選手と建山義紀選手(日本ハム→テキサスレンジャーズ→ニューヨークヤンキース→阪神)の二人は、東海大仰星高校時代のクラスメイトである。  大畑自身、2人の子供を持つ父親として積極的に育児に関わっている。授乳以外の育児はすべてこなせる新世代の父親、「イクメンパパ」である。2011年度「ベストファーザー in 関西」を受賞するなど、自身の能力をスポーツだけでなく、「育児」、「教育」についても大いに発揮している。

◎大畑大介の著書

『信じる力』(ベストセラーズ 『不屈の「心体」―なぜ闘い続けるのか』(文藝春秋) 『トライ』( PHP研究所)
※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:リーダーシップの講演

  • 二宮清純

    スポーツジャーナリスト

    勝つリーダー、負けるリーダー

  • 三屋裕子

    スポーツプロデューサー

    人を活かすリーダーシップのヒント

  • 藤原和博

    教育改革実践家

    リーダーシップの本質は『情報編集力』~つなげる力が部下や同僚を動機づける~

  • 和田裕美

    作家、営業コンサルタント

    カリスマリーダーはいらない!誰でもリーダーになれる3つの約束

エンターテイメントショー・イベント企画