logo 中島誠之助

イメージ
講師名 中島誠之助(ナカジマセイノスケ)
肩書き 古美術鑑定家
生 年 昭和13年
出身地 東京都
講演ジャンル 古美術、人生
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

【 講演テーマ 】 「やきものの歴史」 「鑑定団といい仕事」 「あなたも分かるホンモノとニセモノ」 「目利きの人生談義」

◎経 歴

1938年(昭和13年)東京生まれ。 古伊万里など東洋古陶磁器を世にひろめる。数十年にわたる「骨董屋からくさ」の経験をもとに、古美術鑑定家として活躍する。 18・19世紀に生産された古伊万里染付の普及をはかり、「古伊万里の値を決める男」の異名をとる。 1980年に「南青山骨董通り」を作詞。飯田三郎作曲真咲みどり唄でキングよりプレス、これが東京の青山にある「骨董通り」の由来になり名付け親と呼ばれる。テレビ『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)にレギュラー出演、するどい鑑定眼と歯切れのよい圧戸っ子トークでお茶の間の人気者に。 「いい仕事してますね」の名文句で“96年度ゆうもあ大賞”。

◎中島誠之助の著書

「中国古陶磁入門」(平凡社) 「古伊万里染付入門」(平凡社) 「南青山骨董通り」(淡交社) 「骨董屋からくさ主人」(実業之日本社) 「ニセモノ師たち」(講談社) 「週刊・やきものを楽しむ」全30 巻(小学館・中島由美共著) 「やきもの鑑定五十年」(小学館)
※ランクB(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:人権の講演

  • ダニエル・カール

    タレント

    人と人との繋がり

  • 佐野有美

    詩人、随筆家、歌手

    私が『障害について』を語るなら~差別・偏見のない社会にむけて~

  • 吉村和真

    京都精華大学 マンガ学部 学部長 教授

    差別と向き合うマンガたち~メガネ男子や大食漢がヒーローになれないのは、なぜ?~

  • さくらいりょうこ

    フルート・オカリナ奏者

    難病を乗り越えて~生きると決めた日、運命が変わりはじめる~

エンターテイメントショー・イベント企画