logo 小山明子

イメージ
講師名 小山明子(コヤマアキコ)
肩書き 女優
生 年
出身地 千葉県
講演ジャンル 介護、健康、人生
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「二人三脚で乗り越えた介護の日々~今日も二人で~」 「介護うつを越えて夫、大島 渚を支えた15年」

◎経 歴

20歳の時スカウトされ、昭和30年松竹に入社、「ママ横をむいてて」で映画デビュー。 松竹伝統の清楚なお嬢さま女優として人気を得る。 34年頃から汚れ役も演じるようになり、松竹退社後、36年夫で映画監督の大島渚を代表に創造社を創立。以後、大島作品「日本の夜と霧」「日本春歌考」「絞死刑」「少年」で演技派に成長。近年はテレビ、舞台にも活躍。 他の出演作に舞台「道頓堀」「あかんたれ」「夜の河」「深川さくら茶屋」、映画「儀式」「昭和残侠伝・人斬り唐獅子」、テレビ「検事」「うなぎ繁盛記」「あかんたれ」など。 平成8年大島が出血性脳梗塞で倒れてからは女優業を休業、闘病生活を支える。近年は介護の傍ら日本各地で介護に関する講演も行う。 17年介護の心労から介護うつに悩んだ体験を綴った著書「パパはマイナス50点」を出版。 日本ペンクラブ会員 受賞 第25回日本文芸大賞エッセイ賞〔平成20年〕「パパはマイナス50点」

◎小山明子の著書

「小山明子のしあわせ日和―大島渚と歩んだ五十年」清流出版 (2010/10) 「パパはマイナス50点 介護うつを越えて 夫、大島渚を支えた10年」集英社 (2005/9/26) 「いのち、輝く!―もう一度メガホンを‐大島渚を支えた介護の日々」経済界 (2000/12)
※ランクB(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:ホスピタリティ・おもてなしの講演

  • 柿木道子

    (株)くいだおれ代表取締役会長

    「道頓堀でこだわった親子二代の商法 “道頓堀発おもてなしの心”」

  • 茂木久美子

    元山形新幹線「つばさ」車内販売員

    「おもてなしの心を大切に、自分らしい接客を」

  • 佐竹悦子

    株式会社インフィニ 代表取締役

    「ホスピタリティ」

  • ふくだ友子

    人材育成コンサルタント

    「プラス言葉が生み出す人生の好循環」

エンターテイメントショー・イベント企画