logo 千住真理子

イメージ
講師名 千住真理子(センジュマリコ)
肩書き ヴァイオリニスト
生 年 昭和37年
出身地 東京都
講演ジャンル 音楽
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

【 講演テーマ 】 「音楽で伝えたいこと」 講演後 ヴァイオリンでの演奏も(2曲程度)

◎経 歴

2歳半より鷲見三郎氏に手ほどきを受けヴァイオリンを始め、11歳から江藤俊哉氏に師事。 12 才でNHK交響楽団と共演してプロデビューする。 77年、第46回日本音楽コンクールに最年少15歳で優勝、レウカディア賞受賞。 79年、パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞。 慶応義塾大学卒業後、指揮者故ジュゼッペ・シノーポリに認められフィルハーモニア管弦楽団定期演奏会でロンドン・デビュー。 更にローマデュー。以後活躍の場を海へ広げる。 02年、幻の名器ストラディヴァリウス「デュランティ」と運命的な出会いを果たす。 03年、EMI移籍第1弾「カンタービレ - 歌うように - 」が記録的大ヒットとなる。 その後も「愛の夢」、「愛のコンチェルト - J.S.バッハ ヴァイオリン協奏曲集」、「ドルチェ」、「G線上のアリア」と立て続けにヒット・アルバムを発売。 クラシック界を代表する演奏家であると同時に、テレビ出演も数多くお茶の間にもよく知られたアーティストである。

◎千住真理子の著書

「聞いて、ヴァイオリンの詩(文庫)」(文藝春秋) 「母と娘の協奏曲」(時事通信出版局)
※ランクC(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:食育・食・料理の講演

  • 池上淳子

    管理栄養士

    「血液サラサラ:くすみに効果的な栄養講座」

  • 田崎真也

    ソムリエ

    「食を愉しむ、人生を愉しむ」

  • 土井善晴

    料理研究家

    「食育・家族で楽しい食事」

  • 藤本智子

    株式会社ミソド代表取締役

    「365日味噌活のススメ」