logo ヨネスケ

イメージ
講師名 ヨネスケ(ヨネスケ)
肩書き タレント、落語家
生 年 昭和23年4月15日
出身地 千葉県
講演ジャンル 落語、食、料理
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「晩ごはんから見る日本の食文化」 「隣の晩ごはん」を通して日本全国の町をそして食卓をのぞいてきました。各地さまざまな食材が並び、その町、独特の素晴らしさが伝わってきました。現在は昔とは違い、子供に合わせた食事が食卓に並んでいる。カレーライス、ハンバーグ、スパゲティーなど晩ごはんランキングの上位に位置する。平均的に柔らかい食べ物が食卓に並ぶので、子供たちが固いものを噛むことが少なくなっているのがわかります。歯を食いしばる、我慢するということが出来なくなっているのではないかと食卓を見て不安になります。ヨネスケが5000軒以上の食卓を見てきた経験から日本の食文化をお届けします。 「素晴らしき日本の文化~子供・孫・ひ孫へ伝える~」 日本の食文化は世界一です。味付け・盛り付け・食材すべてが世界に誇れます。しかし他の文化がとても素晴らしいのに残すことが出来ていない。文明と文化の違いとは?文明とは暑い時にエアコンのスイッチをいれて冷たい風がでる。文化とは暑い時に風鈴を鳴らす、すだれを掛ける、打ち水をする、冷麦を食べる。味覚・聴覚・視覚など五感で涼しさを感じるのが文化です。この感覚の素晴らしさをなくしてはいけない。また落語・歌舞伎・能・狂言などの芸能文化もなかなか若者に伝えられない。良い男のことを二枚目、面白い人のことを三枚目といいますよね。これは歌舞伎の世界から出てきた言葉です。文明ももちろん素晴らしいが、文化(心のよりどころ)を子供・孫・ひ孫に伝えていきたいですね。

◎経 歴

高校卒業後、1967(昭和42)年 桂米丸氏に弟子入り。 内弟子として噺はもちろんのこと、箸の上げ下げから礼儀を仕込まれる。 1967(昭和42)年、浅草演芸ホールでデビュー 1971(昭和46)年4月、二つ目に昇進 1981(昭和56)年10月、真打ちに昇進 1982(昭和57)年1月、放送演芸大賞ホープ賞を受賞 その人情味あふれるキャラクターで幅広い年齢層に親しまれ、日本テレビの「突撃!隣の晩ごはん」では、全国津々浦々の家庭にいきなり訪問。アポなし訪問ながら、最終的に歓迎されてしまうのは、やはりヨネスケの人柄によるものであろう。また、その話芸はもちろんのこと、そこから繰り出されるヨネスケ独特の野球論は、ジャイアンツのファンだけでなく、野球ファン全体をも魅了している。本職である、落語ではヨネスケ流「野球落語」を創作、披露している。寄席も数多くこなし、講演会やトークショーも「突撃!隣の晩ごはん」の裏話や「スポーツ」などをテーマに全国各所にて行っており、今後もジャンルを超えた大いなる活躍が期待される。

◎ヨネスケの著書

「ヨネスケの駅弁空弁600選」(辰巳出版) 「過激に巨人阪神戦」(広済堂出版) 「新・相撲のススメ」(雄鶏社) 「ごはん~『突撃!隣の晩ごはん』はあなたに幸福をもたらす!~」(講談社)
※ランクB(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:ホスピタリティ・おもてなしの講演

  • 柿木道子

    (株)くいだおれ代表取締役会長

    「道頓堀でこだわった親子二代の商法 “道頓堀発おもてなしの心”」

  • 茂木久美子

    元山形新幹線「つばさ」車内販売員

    「おもてなしの心を大切に、自分らしい接客を」

  • 佐竹悦子

    株式会社インフィニ 代表取締役

    「ホスピタリティ」

  • ふくだ友子

    人材育成コンサルタント

    「プラス言葉が生み出す人生の好循環」

エンターテイメントショー・イベント企画