logo 立花龍司

イメージ
講師名 立花龍司(タチバナリュウジ)
肩書き コンディショニングコーチ
生 年 昭和39年
出身地 大阪府
講演ジャンル 人材教育、育成、研修、健康、高齢、教育、指導者、コーチンング、組織論、アンチエイジング、ポジティブシンキング
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

●「勝つ組織のリーダーとは」 ●「個の力を伸ばし、勝てる組織をつくるコーチング」 ●「誰でも出来る、ポジティブシンキング」 ●「老いに勝つ、アンチエイジトレーニング」 ●「一流に学ぶ、メンタルトレーニング」 ●「メジャーリーグに学ぶコーチング」 ●「一流アスリートから学ぶポジティブシンキング ~一流たちの共通点~」 ●「プロ野球・メジャーリーグで学んだ、日米の文化の違いからの学び」  コンディショニング以外でも、バレンタイン監督、仰木彰監督など日米のリーダー、マネジメントから得た組織論、モチベーションUP論を展開する。 その他、野球教室でのコンディショニング指導など。

◎経 歴

浪商、大商大で野球部の投手を務める。 その後天理大学体育学部でスポーツ医学を専攻。 高校時代に肩を壊し、大学三年でプレイ続行を断念するが「日本の野球界を変えるために指導者になりたい」という思いのもと、まだコンディショニングコーチという言葉さえ存在しなかった時代にその道をひた走ることになる。89年コンディショニングコーチとして近鉄に入団後、故障者が激減するという実績を積むごとに多くの選手から信頼を集めてきた。94〜96年はロッテ、97年1月にメジャーリーグのNYメッツコーチ契約(日本人初のメジャーリーグコーチ)。 同年オフに帰国、ロッテと再契約。2000年10月末ロッテ退団 2001年4月より大阪府堺市・阪堺病院SCA(ストレングス&コンディショニングアカデミー)での活動を中心に、講演・各メディア出演により野球を中心とした幅広い層へコンディショニングの重要性を普及活動を始める。 また、筑波大学大学院にてスポーツ医学の研究にも携わり、日々、研究を続けている。 2006年度より、東北楽天ゴールデンイーグルスコンディショニングディレクターに就任同年オフ退団。 2007年度からは、千葉ロッテマリーンズヘッドコンディショニングディレクターに就任。 2009年度退団。 〔注: コンディショニングディレクター =チームの体力的要素に関する統括部門の管理職〕 2011年11月より、千葉県習志野市に治療院併設型の「タチリュウコンディショニングジム」を主宰。

◎立花龍司の著書

「可愛い我が子がケガなく野球がみるみる上手くなる方法」(竹書房) 「30超えたら女も男もアンチエイジング―本気できれいな体になりたい人へ!」(ベースボールマガジン社) 「パワーアップトレーニング」(西東社) 「少年スポーツ体のつくり方」(西東社) 「運動神経は10歳で決まる!ゴールデンエイジ・トレーニング」(マキノ出版) 「立花龍司のメジャー流少年野球コーチング小学生編」(高橋書店) 「立花龍司のメジャー流少年野球コーチング中学生編」(高橋書店) 「外傷・障害とトレーニングの実際 野球コーチ・セラピストに贈る!!」(医学の日本社) 「ピッチャーズコンディショニング」(日刊スポーツ出版社) 「TCA理論 <肩編>野球選手のための肩の強化法」(日刊スポーツ出版社) 「野球選手のための腹背筋強化法」」(日刊スポーツ出版社) 「メジャー初コーチのポジティブ・コーチング」(講談社) 「個性を引き出すスポーツトレーニング」(岩波書店) 「投手のための筋力トレーニング」(日刊スポーツ出版社) 「野手のための筋力と眼のトレーニング」(日刊スポーツ出版社) 「立花龍司のボディーコンディショニング」(NHK出版) 「ひざのスポーツ障害を自分で治す本」(マキノ出版) 「立花龍司のベースボールコンディショニングプログラム(ビデオ全2巻)」(ベースボール・マガジン社) 「TCAビデオ編」(日刊スポーツ出版社)
※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:自然・環境の講演

  • 蓬莱大介

    気象予報士、防災士

    お天気キャスターが伝える!地球温暖化教室

  • 木場弘子

    キャスター、千葉大学客員教授

    子どもたちの未来のために考えたい エネルギーや環境のこと

  • らんま先生

    eco実験パフォーマー

    eco実験パフォーマンス

  • 菅井貴子

    フリーキャスター

    環境問題と異常気象

エンターテイメントショー・イベント企画