logo 小沢真太郎

イメージ
講師名 小沢真太郎(オザワシンタロウ)
肩書き 小沢真太郎一座代表
生 年
出身地 大阪府
講演ジャンル 教育、いじめ・虐待、人権
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「子は親の心を実演する名優である」 「武道と日本文化」 「護身術とシェイプアップ武術講座」 「いじめ・虐待はもう許さない!~スーパーヒーローの出番!~」 「ナンバーワンよりオンリーワン~自分だけの花を咲かそう~」 「21世紀は心の時代~弱者の立場に立ってこそ真の愛~」 「差別という逆境を乗り越えて~どん底からの脱出~」 「国際人として世界をかけめぐる~人種差別、国際結婚など~」 「日本の伝統文化と人権差別」 「母校からイジメを無くした9歳の少年」 ある日、小学生の息子は、たったひとりで、イジメと向きあう活動を始めました。自らの意志で自発的に行動し、いじめを撲滅しました。 その活動を知ったのは、先生から連絡があったからでした。 スーパーヒーローレオとして活動する息子をサポートしています。 そんな自身の子育てなどを基に講演しています。

◎経 歴

幼少の頃より日本古来の武術を学ぶ。 芸能人としてタレント活動をしながら、ロシアなど海外でも様々な、武術、格闘技の修行を重ねる。 日光江戸村武術師範 大衆演劇小沢真太郎一座を旗上げ日本各地を巡業。 時代劇等のテレビ出演、忍者武術教室の代表、指導のかたわら、社会貢献に目を向けた活動を行う。 父の姿を見て息子の獅子丸は、『お父さんみたいに僕も誰かの役に立ちたい』と自らの意志でイジメを無くそうと立ちあがる。ヒーローの姿に扮し、毎朝校門の前で挨拶活動を1年間続け、母校のイジメ撲滅する。 その活動が多くの人の反響を呼び、新聞やテレビ等々でも大きく取り上げられ、一躍時の人となる。今もヒーローの姿で校門の前に立つ。 他人間だけでなく、親と子のコミュニケーションすら希薄となりつつあるこの時代において、実体験に基づいた親子関係について説いている。 自身の子育てを基に『親子のコミニュケーションでヒーローを生み出す方法』などと題して親子講演を実施。 倫理法人会などで経営者の方々に、また教育現場でも講演している。 【実績】 滋賀県湖南倫理法人会 大阪道頓堀倫理法人会 大阪北区倫理法人会 大阪北区天王寺倫理法人会 彦根市倫理法人会 ふくふくゼミナール 国際徳育協会

◎小沢真太郎の著書

※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:夢・挑戦の講演

  • 佐野有美

    詩人、随筆家、歌手

    私が『夢』を語るなら ~どんな状況でも夢をもつ大切さについて~

  • 福本淳

    盲目のシンガーソングライター

    小さな出逢いから

  • 武田美保

    シンクロスイマー、教育コメンテーター

    夢を追いかけて

  • 三浦雄一郎

    プロスキーヤー

    夢への挑戦~子どもたちに夢・希望・生きる力を~

エンターテイメントショー・イベント企画