logo 大倉孝一

イメージ
講師名 大倉孝一(オオクラコウイチ)
肩書き 元JAPAN女子野球日本代表監督、駒澤大学硬式野球部監督
生 年 昭和37年
出身地 岡山県倉敷市
講演ジャンル スポーツ、経営、教育、子育て
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

①100%の力を発揮する組織づくり(経営者向け) 適材適所の配置、役割分担の徹底、コミュニケーションスキルの高め方などはスポーツだけに限らず、社会においても重要な事です。 野球の現場、そして監督業で積み重ねてきた経験を通して、現在の若者の特徴と、伸ばしていく対応方法、強い組織づくりについてを伝えます。 海外での大会エピソードも満載です。 ②子ども達の体力と運動神経の現状(保護者向け) 日本の子ども達の力低下は30年以上前から言われてきています。 その状況は全てが生活環境からの影響。 柔軟性のなさが姿勢を崩し、運動神経発達不全が右脳に影響し、情緒不安定にしていきます。 少年スポーツの現場で起きている事例とその対策を講演致します。 ③自分の力を100%発揮する方法(子ども~アスリート向け) 試合で力を発揮できない、緊張しすぎる、集中できない、粘り弱い、などなどメンタルが弱いと言われる選手へのアプローチ方法をお伝えします

◎経 歴

玉島商業-駒澤大学-NKK日本鋼管(現JFE)。 大学では日本一を2回、社会人野球では都市対抗準優勝を果たす。 現役引退後、コーチとして多くのプロ野球選手を育てる。 退職後はスポーツ科学、解剖学、生理学、そしてスポーツ心理学を研修。 その後自身の経験を活かし、2002年フィットネスジム「BA'Z」を設立。 同時にトレーナーの外部派遣も始め、大人だけでなく子供達の未来の為に、 保育園児、小学生などに向けての体育指導に力をいれる。 現在は国内外でスポーツトレーナーとして、テクニック、フィジカル、メンタルなど、 総合的にアスリートの指導を中心に活動中。 また、Jスポーツの女子野球解説、ラジオ、TV、講演など、様々なジャンルで 活動の場を広げている。 侍JAPAN女子野球日本代表監督として2008年、2010年、2014年、2016年に IBAF女子野球ワールドカップで世界一に輝く。 【実績】 東洋鋼板株式会社 日新製鋼株式会社 基幹労連全国大会 JFE労働組合   他 企業向け多数 日本スポーツ心理学会 駒澤大学 福井工大 環太平洋大学 大阪体育大学   他 高校、大学スポーツ部多数

◎大倉孝一の著書

※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:人権の講演

  • ダニエル・カール

    タレント

    人と人との繋がり

  • 佐野有美

    詩人、随筆家、歌手

    私が『障害について』を語るなら~差別・偏見のない社会にむけて~

  • 吉村和真

    京都精華大学 マンガ学部 学部長 教授

    差別と向き合うマンガたち~メガネ男子や大食漢がヒーローになれないのは、なぜ?~

  • さくらいりょうこ

    フルート・オカリナ奏者

    難病を乗り越えて~生きると決めた日、運命が変わりはじめる~

エンターテイメントショー・イベント企画