logo 村田兆治

イメージ
講師名 村田兆治(ムラタチョウジ)
肩書き プロ野球解説者、元プロ野球選手
生 年 昭和24年
出身地 広島県
講演ジャンル 野球、人生、夢、挑戦、モチベーション
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「人生先発完投」 「執念が私の野球人生を支えてきた!」

◎経 歴

1949年広島県生まれ。1967年福山電波工(現・近大福山高校)からドラフト1位で東京オリオンズ(現・ロッテ)入団。大きく振りかぶって真っ向から勝負する「マサカリ投法」を生み出す。 1982年には、右肘を痛めて戦列を離れ、再起不能と言われたが渡米して日本人選手として初めての手術を 受ける。  そして1985年に、奇跡的な復帰を遂げて、17勝を挙げる。 23年間で215勝したほか、最優秀防御率をはじめ数々のタイトルを獲得する。通算604試合登板、215勝177敗33セーブ、2358奪三振、防御率3.25。最優秀防御率他多数のタイトルを獲得し引退。    また、1992年生月島を皮切りに『豪腕・村田兆治島を行く』として、全国の有人離島をまわり、野球教室などを通して離島の人々とふれあい、島おこしにも一役かっている。今後ライフワークとして勝ち数と同じ215以上の島を回るのを目標としている。 合わせて『マサカリ基金』を設立。離島の人達の野球を支援したいと 計画している。最終的な目標は、全国離島少年野球大会を行うことである。 長身から投げ下ろす『まさかり投法』はダイナミックで ファンを魅了した。 現在は、野球評論家、講演や野球教室でも活躍中。

◎村田兆治の著書

「まだ、現役には負けられない!」(プレジデント社) 「速球の流儀」(ワニマガジン社) 「剛球直言」(小学館) 「右腕の傷あと」(マガジンハウス) 「村田兆冶の直球人生」(日刊スポーツ出版社) 「先発完投わが人生」(トクマブックス) 「哀愁のストレート」(青春出版社) 「速球の流儀」(ワニマガジン社) 「還暦力 60歳でストレート140キロを投げる秘密」(朝日新聞出版)
※ランクB(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:リーダーシップの講演

  • 二宮清純

    スポーツジャーナリスト

    奇跡のリーダーシップ - 勝つための選択 -

  • 赤木美香

    クラーク・フューチャー・コンサルタンツ有限会社 代表取締役

    プロフェッショナル人財(自律型人財)になるための自己リーダーシップ

  • 北川正恭

    早稲田大学名誉教授

    新時代を築くリーダーシップ

  • 武田美保

    シンクロスイマー

    世界を目指す 究極のチームワーク・リーダーシップ

エンターテイメントショー・イベント企画