logo 岸本昌三

イメージ
講師名 岸本昌三(キシモトショウゾウ)
肩書き NPO法人近畿青少年サポート塾 理事長
生 年
出身地 岡山県津山市
講演ジャンル 教育、子育て、モチベーション、メンタルヘルス
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「リーダーたちの伝達する というモチベーションの向上」 「子育てにおける人格を重視した家庭教育の在り方」 「人それぞれの限りない能力の開発への挑戦!」 「対人問題で苦しむ一番の原因は 生まれてからの 親の与え過ぎ・子どもの求め過ぎ!!」 「子育てには各年齢にあった自己の確立教育が大切である!!」 「子どもの人格を意識しての子育て(育ちゆく親と子どもの関係を客我(第3者の目)で見ていく)」

◎経 歴

◎ NPO法人近畿青少年サポート塾 理事長 ◎ NPO法人高槻オレンジの会 理事長   京都大学こころの未来研究センター 平成22年度共同研究員   大阪府サポートステーション支援ネットワーク推進構成委員   大阪府ひきこもり等青少年民間支援機関 ◎「社会実学心理指導塾」開設・・・私が「社会実学」として多くの青少年達の指導をしています。一般社会的常識を見につけ、強くたくましい青年へと指導し、受講生達の社会的自己の確立を目指しています。 私は、現在11年目になりますが、関西大学・大学院研究科で 履修生として 社会心理学を研究しています。そのかたわら、自らも「社会実学」としての心理学理論を発表し、受講生の年齢を問わず、講座を開催しています。 過去NPO法人を立ち上げてからの人数でも約70名の若者を 社会参加へと導きました。現在、若者達は 厳しい社会の中でも 活躍していることでしょう。これからも 日々躍進することを願っています。 現在、私は会社経営、NPO活動での人材育成、青少年育成指導を行っています。いじめ・引きこもり・不登校についての講演を多数行っています。また過去にフランスベッド販売に於いて日本1位の営業成績を修め、取得した独特の営業で営業に悩む若者たちへの指導もしています。すべての事々の対応に『社会実学』を踏まえて種々の問題に相手が納得できるまで 理想論ではない現実論の講演をします。特にコミュニケーション構築指導・モチベーション向上の講演を得意にしています。 人間はこの世での生活が終わるまで毎日が営業と思って過ごせば他者ともうまくいきます。私も現在83歳にして日々 営業の伴う事業をしています。営業のあり方を習いに来られる方も大勢いらっしゃいます。 また大学・大学院で勉強を続けながら 「社会実学心理学」というものを 多く人々が理解できるよう表現のあり方を同時に研究し、日々移り変わる社会の中でコミュニケーションを大事にしながらがんばっております。 NPO法人近畿青少年サポート塾のホームページhttp//www.kss-orange.comにぜひ目を通してください。 活動理念 不登校状態・引きこもり状態・ニート状態の人達を社会的学習によって、人間としての生きがいを呼び起こしたい…。そうする事は決して難しいことではなく、可能なのです。 といって簡単なものでもないですが、努力する事で、対人関係を作り出すことは出来ます。 対人問題で悩んでいる人がたくさんいますが、その問題を克服する事は出来るのです。 それは経験・体験をして 自分自身の五感のバランスを正常にすることが第一です。絶対に不可能なものではありません。私は、それらを着実に実施・指導しています。しかし、この問題はそれぞれの個人的な背景があります。大変な作業です。 私も大学院で 社会心理学において研鑽を重ねています。日々移り変わる社会背景もあり、なかなか難しい問題がありますが、私自身の生涯研鑽という思いとして思考の中に位置づけ、社会的資源(情報)を出来るだけ集めることに日々努力している所です。

◎岸本昌三の著書

※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:人権の講演

  • ダニエル・カール

    タレント

    人と人との繋がり

  • 佐野有美

    詩人、随筆家、歌手

    私が『障害について』を語るなら~差別・偏見のない社会にむけて~

  • 吉村和真

    京都精華大学 マンガ学部 学部長 教授

    差別と向き合うマンガたち~メガネ男子や大食漢がヒーローになれないのは、なぜ?~

  • さくらいりょうこ

    フルート・オカリナ奏者

    難病を乗り越えて~生きると決めた日、運命が変わりはじめる~

エンターテイメントショー・イベント企画