logo 猪瀬直樹

イメージ
講師名 猪瀬直樹(イノセナオキ)
肩書き 作家
生 年 昭和21年
出身地 長野県
講演ジャンル 政治、経済
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「この国のゆくえ」

◎経 歴

作家。1946年長野県生まれ。 87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。 『日本国の研究』で96年度文藝春秋読者賞受賞。以降、特殊法人等の廃止・民営化に取り組み、2002年6月末、小泉首相より道路関係四公団民営化推進委員会委員に任命される。その戦いを描いた『道路の権力』(文春文庫)に続き『道路の決着』(文春文庫)が刊行された。 06年10月、東京工業大学特任教授、07年6月、東京都副知事に任命される。 09年11月『ジミーの誕生日 アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」』(文芸春秋)、10年6月「東京の都知事になってみたら」(小学館新書)を刊行。2012年12月、東京都知事に就任。2013年12月、辞任。2015年9月、財団法人日本文明研究所所長就任。

◎猪瀬直樹の著書

【主な著書】 「日本の近代 猪瀬直樹著作集」(全12巻 小学館) 「ピカレスク 太宰治伝」(文藝春秋) 「ペルソナ 三島由紀夫伝」(文藝春秋) 「マガジン青春譜 川端康成と大宅壮一」(文藝春秋) 【近著】 「昭和16年夏の敗戦」(中央公論新社) 「東京の副知事になってみたら」(小学館) 「ジミーの誕生日―アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」」(文藝春秋) 「霞が関「解体」戦争」(筑摩書房) 「道路の決着」(文春文庫) 「こころの王国 菊池寛と文藝春秋の誕生」(文藝春秋) 「国を変える力」(ダイヤモンド社) 「二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか」(文藝春秋) 「空気と戦争」(文藝春秋)    など著書多数
※ランクB(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:人権の講演

  • ダニエル・カール

    タレント

    人と人との繋がり

  • 佐野有美

    詩人、随筆家、歌手

    私が『障害について』を語るなら~差別・偏見のない社会にむけて~

  • 吉村和真

    京都精華大学 マンガ学部 学部長 教授

    差別と向き合うマンガたち~メガネ男子や大食漢がヒーローになれないのは、なぜ?~

  • さくらいりょうこ

    フルート・オカリナ奏者

    難病を乗り越えて~生きると決めた日、運命が変わりはじめる~

エンターテイメントショー・イベント企画