logo 長谷川豊

イメージ
講師名 長谷川豊(ハセガワユタカ)
肩書き フリーアナウンサー
生 年 昭和50年
出身地 奈良県
講演ジャンル メディアリテラシー、ネット対策、プレゼンテーション
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「“伝わる”ように“伝える”方法とは?」 アナウンサーの仕事は情報を“伝わる”ように“伝える”こと。 プレゼンやスピーチなど、自分の意図を的確に“伝える”スキルを お伝えします。 「テレビの裏側って実はこうなっているんです」 フジテレビアナウンサーとして14年間、テレビの裏側を見てきた長谷川氏。 知られざる局アナウンサーの日常など、 中にいた人間だからこそ知っている「めったに聞けない話」をお伝えします。 「親と子の関係~私は家族に命をもらったのです~」 突然、着せられた横領犯の“ぬれぎぬ”。 しかし、長谷川氏本人は「家族がいたから生きています」と語る。 父親がいきなり職を奪われた時、妻は、そして子供たちはどのように接したのか? 当時の長谷川氏の体験をもとに、家族の絆の大切さを改めて問う。 「僕のした虚偽報道~メディアはこうしてつくられる~」 14年間のアナウンサー生活で実際に本人が体験した「虚偽報道」「過剰報道」の数々。 メディアはどのように作られているのか、テレビの制作現場とは? 今後テレビにどう接していくのか、内部にいた本人が語る衝撃の内容に注目!

◎経 歴

フジテレビアナウンサーとして14年間、朝の情報番組「情報プレゼンターとくダネ!」で現場取材やニュースのリポートを担当。 ニュースプレゼンテーションのプロフェッショナルとして活躍する。 取材した現場数は1700以上、伝えたニュースは2500を超える。 趣味と公言する競馬ではG1レースの実況も担当。 現在はアナウンサーだけではなく、講演・執筆など、多方面で活躍中。 講演ではテレビの裏側やプレゼン能力の向上などをテーマとしている。 【経歴・職歴】 奈良県出身。三重県 日生学園第一高等学校卒業。 立命館大学産業社会学部 情報・メディアコースメディアリテラシー専攻卒業。 1999年4月 株式会社フジテレビジョン入社。 アナウンサーとして、G1レースをはじめ、競馬実況中継を担当する傍ら、 朝の情報番組「情報プレゼンターとくダネ!」のリポーターとして活躍。 2010年9月~2012年7月 ニューヨーク支局勤務 2013年4月~ フリーアナウンサーに転向 【フジテレビ時代の主な番組・実績】 「情報プレゼンターとくダネ!」「スーパー競馬」「みんなのケイバ」「笑っていいとも!増刊号」「すぽると!」など他多数。 朝の情報番組 「情報プレゼンターとくダネ!」 のリポーターとして活躍。現場取材 1700回以上。 スタジオでのニュースプレゼン 2500回以上、同番組の12年間連続同時間帯視聴率 1位に貢献する。 ニューヨーク勤務時はスペースシャトルのラストフライトをはじめ、全米22州に取材。 2010年中間選挙では民放局で唯一 、オバマ大統領に直接インタビューに成功。 2012年スーパーボウルでは、アジア人として初の試合終了後のリポートを努め 「Sports Illustrated誌」 のトップページ写真を飾る。 ニューヨーク赴任当時につづったブログは大人気となり、退社後に始めた続編のブログは1か月間で400万人の来訪、2700万PVを記録した。 【メディア出演番組】 TOKYO MX 「ニッポン・ダンディ」 水曜MC TBS 「有吉ジャポン」 テレビ大阪 「たかじんNOマネー」 【受賞】 高校時代よりアナウンス・弁論の各大会で、全国優勝など受賞歴多数 【講演実績】 長谷川豊講演会実行委員会、みのり社会保険労務士事務所「三茶会」、 株式会社SHOEI、大阪吹田市PTA協議会

◎長谷川豊の著書

「いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話」(小学館)
※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:自然・環境の講演

  • 蓬莱大介

    気象予報士、防災士

    お天気キャスターが伝える!地球温暖化教室

  • 木場弘子

    キャスター、千葉大学客員教授

    子どもたちの未来のために考えたい エネルギーや環境のこと

  • らんま先生

    eco実験パフォーマー

    eco実験パフォーマンス

  • 菅井貴子

    フリーキャスター

    環境問題と異常気象

エンターテイメントショー・イベント企画