logo 長谷川慶太郎

イメージ
講師名 長谷川慶太郎(ハセガワケイタロウ)
肩書き 国際エコノミスト
生 年 昭和2年
出身地 京都府
講演ジャンル 国内国際経済・投資
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「日本経済こうすれば良くなる」 「経済の読みかた」 「今年の経済見通し」 「2011年長谷川慶太郎の大局を読む」

◎経 歴

1927年(昭和2年)京都生まれ。 1953年(昭和28年)大阪大学工学部卒。 新聞記者、証券アナリストを経て、石油ショックに関する発言で、論壇に登場。 以後、その先見力のある経済および国際情勢分析で常に第一線ジャーナリストの地位を保つ。 1983年『世界が日本を見倣う日』で第三回石橋湛山賞受賞。 1986年5月に出版した『日本はこう変わる』で大きく転換発展する日本経済を描きベストセラーとなる。

◎長谷川慶太郎の著書

「12億の常識が世界を変える インド」(ポプラ社) 「2011年長谷川慶太郎の大局を読む(CD付)」(フォレスト出版) 「デフレは大好機」(東洋経済新報社) 「メガ・グループの崩壊」(フォレスト出版) 「無策!~あと一年で国債は紙クズになる~」(フォレスト出版) 「軍事・防衛は大問題 東アジアの冷戦は終わっていない」(東洋経済新報社) 「それでも、「平成恐慌」はありません。これが、世界経済再生のシナリオ」(ワック) 「大上昇気流に乗る10の至言」(ベストセラーズ) 「日本は「掃き溜めの鶴」になる」(PHP研究所) 「日本経済はV字回復する」(フォレスト出版) 「経済戦勝国」日本の底力」(出版文化社) 「2010年 長谷川慶太郎の大局を読む」(李白社) 「日本は「環境力」で勝つ!」(東洋経済新報社) 「中国大乱を乗り切る日本の針路」(ベストセラ−ズ) 「2016 長谷川慶太郎の大局を読む」2008年 李白社/ォレスト出版) 「大統領が変わると日本はどこまで変わるか?」(ソニ−・マガジンズ) 「千載一遇の大チャンス」(講談社インタ−ナショナル) 「日本経済は盤石である」(PHP研究所) 「米中激突で中国は敗退する―南シナ海での習近平の誤算」(東洋経済新報社) 「世界はこう激変する」(李白社)   他多数
※ランクB(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:防災・防犯の講演

  • 国崎信江

    危機管理教育研究所 代表

    「今地域に求められる防災対策」

  • 天達武史

    気象予報士

    「特別警報と気象災害への備え」

  • 菅井貴子

    フリーキャスター

    「環境問題と異常気象」

  • 正木明

    気象予報士、防災士

    「『エコ生活』と『節約生活』の違いとは?」

エンターテイメントショー・イベント企画